« ノベルゲーム風に一文字ずつ表示する【UTF-8/SDL版】 | トップページ | C言語のお勉強 ポインタ編 第1回 »

2012年3月 1日 (木)

壁に沿って転がる玉

壁に沿って転がる玉

壁に沿って玉が転がるサンプルプログラムを作った。

マウスカーソルを左右に動かすとステージが玉を中心に回転する。

玉は常に画面の中心にあり、画面に対して下方向に落下する。

スペースキーを押すと障害物の表示が当たり判定用の法線情報に切り替わる。もう一度押すと戻る。

壁に沿って転がる玉(法線情報表示)

以下の手抜き仕様が存在する。

  • 向きを持った点を並べて壁を構成している。
  • ブロックの角など、向きの異なる複数の点に同時に接触した場合の玉の動きが不自然である。
  • 玉の回転による摩擦減少を考慮していないので、実は転がっているのではなく滑っている。

ソースファイル一式 → RollAlongWall.zip

« ノベルゲーム風に一文字ずつ表示する【UTF-8/SDL版】 | トップページ | C言語のお勉強 ポインタ編 第1回 »

C/C++」カテゴリの記事

DXライブラリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノベルゲーム風に一文字ずつ表示する【UTF-8/SDL版】 | トップページ | C言語のお勉強 ポインタ編 第1回 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告スペース 弐

ブログパーツ

広告スペース 参

無料ブログはココログ