トップページ | 【JavaSE】多角形との当たり判定 »

2010年5月11日 (火)

オーバーレイアイコンが表示されない件の対策まとめ

Windows 7から追加されたオーバーレイアイコンが表示されないままだったところに進展があった。

対症療法ではあるが以下まとめ。

レジストリには以下のエントリがあった。

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers
1TortoiseNormal
2TortoiseModified
3TortoiseConflict
4TortoiseLocked
5TortoiseReadOnly
6TortoiseDeleted
7TortoiseAdded
8TortoiseIgnored
9TortoiseUnversioned
DropboxExt1
DropboxExt2
DropboxExt3
EnhancedStorageShell
Offline Files
SharingPrivate

TortoiseSVNが、Dropboxクライアント対策として、バージョン1.6.8でエントリの文字列を変更してきたのだが、かわりに優先順位の下がったオーバーレイアイコンは表示されなくなった。

どちらにせよ表示されていたオーバーレイアイコンが表示されなくなるのは困る。

11個まで減らせば全部表示されるという情報を得たので不要なエントリを削除する。

Dropboxはファイルやフォルダひとつずつ同期状況を確認する必要性を感じないので不要。

DropboxExt1
DropboxExt2
DropboxExt3

64ビット版のWindows 7では以下のレジストリにも同じエントリがあった。

HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

TortoiseSVNはアイコンオーバーレイ設定で『バージョン管理外の項目にオーバーレイ表示をする』のチェックを外している。ファイルやフォルダにアイコンが付いていなければ管理外と分かるから管理外を示すアイコンは不要。

9TortoiseUnversioned

これで11個まで減ったがまだ表示されないままのオーバーレイアイコンがあった。

C:\Users(C:\ユーザー)フォルダを開くとユーザーフォルダに付いていたはずの錠前が付いていない。

意味合いからすると以下のエントリが錠前か。

SharingPrivate

優先順位がいちばん低い。

残りのエントリについて文字列から推測して調べたらオフラインファイルという機能があるのを知った。

オフラインファイルとは、ネットワークでフォルダを共有していて、かつオフラインのときにファイルにアクセスできるようにもしたいときに使う機能だとか。

必要ないので無効化する。

無効化する手順は以下のとおり。

  1. コントロールパネルで表示方法をアイコンに変更して『同期センター』をクリック。
  2. 『オフライン ファイルの管理』リンクをクリック。
  3. ダイアログで『オフライン ファイルを無効にする』ボタンをクリック。
  4. (再起動)

これで以下のエントリに関連付けられたオーバーレイアイコンが使われなくなるようで錠前が復活した。

Offline Files

エントリは残ったままなのでWindows 7が内部的に確保しなくなるだけなのだろうか。

Windows 7ではユーザー定義のオーバーレイアイコンが10個までしか使えなくなったということなのか?

【2010/12/29 追記】

Dropbox 1.0.10からエントリにDropboxExt4が増えた。同期対象外フォルダに表示されるオーバーレイアイコン。

HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\~\ShellIconOverlayIdentifiers以下にはなぜかDropboxExt4は追加されない。

|

トップページ | 【JavaSE】多角形との当たり判定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 【JavaSE】多角形との当たり判定 »